--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.12.25

サンタクロースの話

Where_Santa_Claus_lives.jpgWhere Santa Claus lives./Copyright byW.H. Partridge/1900/アメリカ議会図書館、同国著作権庁 D13851


1897年のある日、ニューヨーク・サン紙に一人の少女から手紙が届いた。

Virginia_Santa_Claus_convert.pngへんしゅうしゃさまへ。
 わたしは八さいのおんなの子です。
友だちに、サンタクロースなんかいないという子がいます。
パパは、“サンしんぶんにきいてごらん。サンしんぶんが
いるっていうなら、いるんだろう”といいます。
ほんとうのことをおしえて下さい。サンタクロースはいますか?

 ヴァージニア・オハンロン
 115 西95番街



サンタクロースがいるかどうかを友達と議論した少女が、父親の勧めでニューヨーク・サン紙に
手紙を出したらしい。
手紙に対し、同社の記者、フランシス・チャーチ氏は「返事」(社説)を書いた。

※右の記事はクリックで拡大します
Yes,Virginia,ThereIsASantaClausClipping
 ヴァージニア、お友だちはまちがっています。何でも疑ってかかるお年頃の疑い深さにあてられているのでしょうね。見たものしか信じないし、ちいさなアタマで理解できないものは存在しないと思っている。でもね、ヴァージニア、大人だろうと子どもだろうと、人間のアタマはちっぽけなのです。この大いなる世界では、人間なんてただの虫やアリと同じくらいささやかなのです。人間のまわりに世界は果てしなく広がっていて、ほとんどのことが分かっていないし、知られていないのです。

 そう、ヴァージニア、サンタクロースはいますよ。愛することや見返りなく与えること、信じることは人生にこの上ない美しさとよろこびを与えてくれますが、それとおなじように、まちがいなく存在します。ああ!もしサンタクロースがいなければ、世界はなんと味気ないことでしょう。まるでヴァージニアのような子どもたちがいないかのように退屈でしょうね。そんな世界では、子どもらしい純真な信仰や、詩のような美しいやりとり、サンタクロースの存在をみとめるロマンスもないでしょう。わたしたちは、目で見たもの以外によろこびを感じられないでしょうし、子どものころに世界を満たしていた光は消えてしまうでしょうね。

 サンタクロースを信じないなんて!もしかすると、妖精も信じていないかもしれませんね。サンタクロースをつかまえるために、パパに人を雇ってもらって、イブにあらゆる煙突の番をさせてもいいでしょう。ですが、たとえサンタクロースを見つけられないとしても、どうしてそれが彼がいないという証拠になるのでしょう。だれもサンタクロースを見たことがありませんが、それがサンタクロースがいないというあかしにはなりません。妖精が芝生で踊っているのを見たことがありますか?もちろんないと思いますが、そのことが妖精がいないという証拠にはならないのです。目に見えない、見ることのできない不思議なことぜんぶを、だれもが思い描くことができるわけではないのです。

 赤ちゃんのガラガラをばらすと、中で何が音をたてていたのかがわかります。でもね、見えない世界をかくすヴェールは、世界一強い人でも、歴代の世界チャンピオンたちが束になってかかっても、引きはがすことはできないのです。
おおいを押しのけて、その向こうがわにある、ことばにできないほどの美しさと輝きを見たり、思い描いたりできるのは、信仰、愛、詩、ロマンスだけなのです。ぜんぶ本当かですって?ああ、ヴァージニア、この世の中に、それほど本当で永遠なものはないのです。

 サンタクロースがいないなんて!やれやれ!サンタクロースはいますし、これからもずっと生き続けますよ。今から1000年後も、ヴァージニア、いいえ10万年後も、サンタクロースは子どもたちの心をよろこびでいっぱいにし続けることでしょう。


記事は大きな反響を呼び、その後、サン紙が廃刊になるまで約50年間、毎年掲載された。
8歳の少女はその後、教師の道を選び、47年という歳月を子どもたちの教育に捧げた。

訳:管理人
スポンサーサイト

Posted at 09:26 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2012.12.15

《締め出された愛》

love_locked_out_convert.jpg《Love Locked Out》/Anna Lea Merritt/1889年/カンバス・油彩/テート・ギャラリー
※クリックで少し拡大


アンナ・リー・メリット(1844-1930)はアメリカの画家。
《Love Locked Out》は、新婚
3ヶ月を待たずして亡くなった夫を
追悼して描いた作品である。

後姿の少年はキューピッド。
こちら側とあちら側の孤独な魂を
引き合わせんと、霊廟の入り口を
こじ開けようとしている。

彼の立つ一段下にあるのは愛の
火を灯すトーチ。
その右には恋の矢。

力なく地面に転がる火の消えた
トーチと矢は、キューピットが扉を
開けることができないであろうことを
仄めかしているように見える。


Posted at 00:50 | | COM(2) | TB(0) |
2012.12.14

色の意味:プルシャンブルー

Nietzsche187b_convert.jpg砲兵師団所属、フリードリヒ・ニーチェ(除隊する際に撮影)/1868年8月

prussianblue (2)
prussian blue(#192f60)
プルシャンブルー

1.余剰金。
  もともとプロイセン軍の軍服の色を差して
  いたが、国家予算で余剰金が出た場合、
  その全てを常備軍に充てる決まりになって
  いたことから、余剰金そのものを表すように
  なった。
  
2.一匹狼。染まらない信念。
  プルシャンブルーが代表的な「狼色」である
  ことから。

3.情報が錯綜するさま。
  この色が多くの別名を持つことが由来(ベルリンブルー、パリブルー、ディースバッハブルー、
  ミロブルー、ターンブルブルー、アイアンブルー、ブロンズブルー、チャイニーズブルー、 紺青)。

Posted at 19:57 | 色の意味 | COM(2) | TB(0) |
2012.12.14

《愛の影》

Love+s_Shadow_-_Anthony_Frederick_Augustus_Sandys_convert.jpg《Love's Shadow》/アンソニー・オーガスタス・フレデリック・サンズ/1867年頃/板・油彩/40.6×32.5㎝/The FORBES magazine collection,New York

視線の先にいるのは…。


上品に飾られた赤毛に 白い肌が良く映える女性。
真っ赤な唇から覗く白い歯が、花茎をきつく噛んでいる。

モデルはサンズの愛人、メアリー・エマ・ジョーンズ。
画家との間に9人の子どもをなした。

青い花は勿忘草。
花言葉は「私を忘れないで」。


食い千切られんとしている花は、クローバーに見える。
花言葉は「復讐」。

Posted at 08:27 | | COM(4) | TB(0) |
2012.12.13

色の意味:マンダリンオレンジ

Mandarin_convert.jpg日没時のハノーファ動物園にて マンダリンダック(おしどり)の雄とJunglePalaceの水面反射/Michael Gäbler氏 撮影/2009年9月27日
URL:http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jungle_Palace_Hanover_with_Aix_galericulata.jpg


mandarinorange (2) mandarin orange(#f3981d)
 マンダリンオレンジ



1.スペイン国旗に使用使われているオレンジ色。

2.16世紀初めから中頃まで、スペインのキャラベル船の証明旗色として使用されていた色。
  (もともとはカスティーリャ=アラゴン連合王国(スペインの前身)の王族の緞子の文様色)

3.おしどりの胸元の色。おしどり色とも云われ、11月22日の「今日の色」に指定されている。

Posted at 21:45 | 色の意味 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。